<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
このブログを書いていて16歳の時に楽しみにしていたデートがフイになった事を思い出しました。
こんにちは、

猛暑日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
くれぐれも熱中症脱水症状に注意して下さい。
自分がなる訳ないと思っているのが一番キケンです。
コマ目に水分補給をして下さい。

私も人生の中で1番楽しめるはずの思春期真っ只中な高校2年の夏休みに
初めて熱中症を経験しています。
当時は30℃を越えたらエラい暑いなんて言っていた時代で、
熱中症という言葉がやっと出始めた頃だったと記憶していますし
当然、自分がかかる訳ないと思っていましたね。

もう2度と経験したくない位辛かったのを覚えていますし、

当時楽しみにしていたデートの約束もフイになりました、、、

私が経験した熱中症の症状はと言いますと、
まず、真夏にとんでもない寒気に襲われます。
更に、3日間高熱と頭痛と眩暈に襲われ続けました。

あくまで、症状には個人差がありますので参考程度に。
全然違う症状だったぞ!と喧嘩腰クレームを頂いても細川では対応できません。

ありがちな私の経験談をダラダラと書きましたが
本日はCreedのバッグを染色・加工して頂いている
東京の下町で活躍される職人さんに取材をさせて頂きまして、
30歳手前の私が改めて感じて気が付いた事をご報告致します。

9月10日発売MonoMAX でCreedの2015 F/W新商品の
タイアップがあるのですが、その際に特集されるバッグが
製品染め(後染め)した後にバフ加工を用いた大変手の込んだ製品になります。
読者様にそのバッグの手の込み方をお伝えしたいと考え、
わかりやすく大きく分けて3工程を取材させて頂きました。


まずは染色。

e0180291_18584216.jpg


ドラムの中で約40℃の温度で染色していきます。
手前に見えるのは染め上がったばかりのモノ。


次に乾燥。

e0180291_18583756.jpg


夏場は約3日間程で乾燥が可能だそうです。
冬は倍以上の時間を要する事も、、、




最後にバフ加工

e0180291_18584772.jpg

この最後の仕上げで、商品の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。



製品染めやバフ加工のメリット、各工程の細かい説明は
9/10発売のMonoMAXで見て頂きたいのですが、
どの作業にも職人さんによる経験に裏打ちされた感覚が大変必要で、
さすが!!と頷くばかりでした。

何より、個人的には
Creedの製品に携わって頂いている方に

直接お話を伺う。

Creedの製品が作られている現場を

自分で見て触れる。

これが出来てとにかく良かったと感じました。

インターネットで殆どの情報が手に入る現代で、
上記のアナログの作業がどれだけ自分の知識や経験になったかを考えると
現場の大切さ、インターネットへの向き合い方を改める良い機会になりました。

最高気温が35℃のそんな晴れの7/27でした。

それでは、本日はこの辺りで。



Creed PR Hosokawa




××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
Instagram ID:creed_pr_hosokawa
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××



by creed2004 | 2015-07-27 19:40 | その他